本文へ移動

火災保険で外壁塗装が安くできる

費用の面で塗装をあきらめていた方へ、火災保険で塗装工事できます!

火災保険で塗装工事ができる!
自宅の外壁塗装・屋根塗装をしたいけれど、料金が気になり踏みとどまっている方に朗報です。住宅塗装が、実は火災保険の適用範囲でできることをご存じでしょうか。
この記事では、火災保険の種類や適用範囲、実際の補償内容について紹介していきます。どのような申請を行うかについて塗装会社の視点から解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

加入している火災保険の種類を確認しましょう!

加入している火災保険の種類を確認しましょう!
まずは、現在自分が加入している火災保険の種類について再確認しておきましょう。一般的な住宅に適用される主な火災保険には、以下のような種類があります。

1.住宅火災保険
2.住宅総合保険
3.オールリスクタイプ(最も補償範囲の広い新タイプの保険)

住宅火災保険

住宅火災保険
「住宅火災保険」は、火災や風災、破裂・爆発、落雷など最低限の補償が対象となる火災保険です。
住宅ローンを組んで住宅を購入する際には、原則として金融機関で火災保険の加入が求められます。金融機関によっては、住宅ローンを組むときに住宅火災保険の費用を「諸費用」に含ませることが可能です。補償が最小限となるため、保険料としては最も低くなります。

住宅総合保険

住宅総合保険
住宅総合保険は、住宅火災保険よりも広い範囲を補償する保険です。
一般的には、上記で説明した基本的な補償以外に、水災や盗難、水漏れ、建物外部からの物体飛来・落下・衝突なども補償対象となっています。例えば、第三者の車が家に突っ込んで外壁が傷ついた場合などは「建物外部からの物体飛来・落下・衝突」の補償対象です。

オールリスクタイプ(最も補償範囲の広い新タイプの保険)

オールリスクタイプ(最も補償範囲の広い新タイプの保険)
オールリスクタイプは、火災保険の基本補償とさまざまな特約が付与されている補償範囲が広いタイプの保険です。例えば、特約を付与すると、電気・機械の事故や類焼損害補償(自分の家が火災になり隣家へ損害を出したときの補償)なども補償範囲に入ります。ただし、保険会社によってはオールリスクタイプの内容が異なるため、加入前にどのような特約があるのか調べておくと安心です。


どの種類の火災保険に関しても同様ですが、補償範囲にかかわらず地震や津波、火山噴火などの災害のほか、契約者の故意による損害などへの補償はされません。地震に伴う被害を補償対象としたい場合は、別途地震保険に加入することが必要です。

火災保険の申請対象は?

火災保険の申請対象は?
あまり給付金請求を行うことがないため、勘違いしやすいですが火災保険の申請範囲は、火災だけではありません。実際、補償対象となる範囲は広く自然現象や自然災害によるものが主な対象です。また、一般的には突発的な事故の場合も補償の範囲に入ります。

自然現象・自然災害

自然現象・自然災害
自然現象とは、火山の噴火、台風、自然界で見られる諸現象のことです。自然災害とは、自然現象に伴い、水災や風災など被害を受けることを指します。例えば、「豪雨に伴う住宅の雨漏り」「台風で屋根が飛んでしまった」などが該当。大雪や落雷による住宅の損壊や、強風などの自然災害にも対応しているのが火災保険の特徴です。他にも以下のような場合は、火災保険の申請対象になる可能性があります。

・台風による外部からの飛来物で外壁やガラスに傷が付いた
・落雷に伴い外壁にひびが入ってしまった
・雹(ひょう)が外壁にぶつかってへこんだり傷ついたりした

火災保険に加入している人の契約内容や特約の付与状況により、補償対象となるかは異なります。お客様の中には、「このぐらいでは補償対象にならないだろう」と考えてしまう人も少なくありません。自然災害に伴う住宅の被害があった場合は、程度の大小にかかわらず、申請対象になるかを確認しておくと安心です。

日常生活での事故

日常生活での事故
火災保険に特約として、建物に破損・汚損を付与している場合には、不測かつ突発的な事故として日常生活でうっかり住宅設備に傷つけたり壊したりした場合でも申請対象となります。例えば、以下のようなものは申請対象となる可能性があるでしょう。

・掃除中に掃除機でドアのガラスを割ってしまった
・子どもが部屋で遊んでいて誤って窓ガラスを割ってしまった
・引っ越し作業を運んでいる最中に壁にぶつかりクロスを傷つけてしまった

あくまでも、対象となるのは故意や経年劣化ではなく突発的な事故です。

火災保険の補償の適用範囲は?

火災保険の補償の適用範囲は?
ここでは、火災保険の適用範囲について紹介していきます。水災特約を付与している場合、住宅総合保険やオールリスクタイプの保険は、水災や雨漏りにも対応していることが多く、住宅火災保険よりも広く適用されるのが一般的です。

外壁の破損・タイルの破損

外壁の破損・タイルの破損
火災や自然災害により大損害を被ったケースだけでなく、外壁の塗装が必要な程度の被害でも火災保険が適用される可能性があります。被害が少ない場合でも、「このぐらいなら問題ない」「火災保険の申請が面倒」などとあきらめてしまわず、しっかりと給付金申請をして費用負担を軽くしましょう。

屋根雨漏り・瓦の破損や割れ

屋根雨漏り・瓦の破損や割れ
屋根の被害についても、雨漏りや瓦の破損などが自然災害によるものであれば、火災保険の補償対象になる可能性があります。
ただし、経年劣化による破損の場合は、どんな火災保険でも適用されない点には注意が必要です。


住んでいる人が付けた傷や、塗装会社などによる施工ミスなども適用範囲には含まれません。ただし、故意ではなく突発な事故の場合には、破損汚損特約に入っていれば補償される可能性があります。現在加入している火災保険の種類を確認して、いざというときの補償範囲について知っておくことが大切です。分からないときは、火災保険の申請に精通している弊社におまかせください。

火災保険の申請手順や注意点

火災保険の申請手順や注意点
万一の事態に備えて、普段から火災保険の申請方法や手順を把握しておくことが大切です。実際に被害に遭った場合は、以下のような手順で火災保険を申請します。ここでは、外壁塗装が必要な場合の申請方法を確認していきましょう。
1.火災保険の種類を確認する
現在加入している火災保険の契約書を用意して、保険の種類や補償内容を把握しておきましょう。
実際に、被害内容が加入している火災保険の対象になるのかについても確認します。
2.外壁塗装会社に調査を依頼する
一般的に、損害賠償請求には損害状況の調査が必要となるため、外壁塗装の保険金請求を行う場合、外壁塗装会社に連絡して調査を依頼します。必要な塗装工事の見積書の作成も依頼しましょう。
3.申請書類を作成する
保険会社から取り寄せた、給付金申請書に必要な書類を作成していきます。
一般的には、保険金の請求書や事故の報告書、工事見積書のほか、被害を受けた箇所の写真などが必要です。ただし、工事金額が「免責金額」よりも少ない場合は保険適用となりません。免責金額とは、保険会社から補償を受けられない自己負担分の金額のことです。

例えば、免責金額10万円となっている場合、塗装工事が5万円であれば補償を受けることができません。逆に塗装工事が15万円の場合は、免責金額10万円から差し引いた5万円分が補償対象です。
申請書類の作成が自分で難しい場合は、弊社のような塗装会社が代行することもできます。
4.保険会社による調査が行われる
必要書類を保険会社に提出すると、一般的に保険会社から依頼された損害鑑定人が実際の損害状況を確認します。損害鑑定人からの報告を受けた保険会社が内容を精査するという仕組みです。ただし、被害内容によっては現地調査を行わない場合もあります。近年では、LINEなどで被害画像を送って保険金請求ができる保険会社もあるので、あらかじめ確認しておくとスムーズでしょう。
5.保険金が支払われる
調査が完了し、保険会社が保険の適用内と認めた場合は、指定した口座へ保険金が支払われます。

保険の適用範囲が分からない方はやまにた塗装にご相談を!

保険の適用範囲が分からない方はやまにた塗装にご相談を!
「やまにた塗装」は、長崎で外壁塗装や屋根塗装、リフォームの実績を重ね、低価格で高品質と信頼を得ている塗装会社です。弊社では、火災保険や補助金・助成金に関するご相談も承っております。火災保険の補償内容は複雑なので、「自分でできるか分からない」「面倒なのでやりたくない」といった方もいるのではないでしょうか。そういった際は、火災保険の専門的なアドバイスが行える弊社へおまかせください。

長崎には、住宅のリフォームや塗装を対象とする自治体の補助金もあります。やまにた塗装では、LINEを使った簡単な見積もりや、無料オンライン相談など、気軽に相談できる環境が整っているので一度活用してみてはいかがでしょうか。お陰様で、お客様目線による対応姿勢は多くの利用者から高評価を得ています。加入している火災保険の範囲が分からない方は、ぜひ山新田塗装へご相談ください。

火災保険で住宅塗装するならやまにた塗装へ!

長崎で外壁・屋根塗装をするならやまにた塗装
火災保険には、大きく分けると「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」の3種類があります。
補償範囲は、保険会社によっても若干異なる可能性があるため、現在加入している火災保険の種類や補償内容を確認しておくことが大切です。しかし、内容が複雑で確認しても補償内容がよく分からない方も多いかもしれません。
そんなときは、火災保険の申請代行や相談が行えるやまにた塗装へぜひ一度ご相談ください。
やまにた塗装
〒854-1104
長崎県諫早市飯盛町上原168
TEL.0957-48-1647
携帯:090-5380-4796
FAX.0957-48-1971
[営業時間]8:00~17:00
[定休日]日曜

一般建築塗装
瓦・各種塗装・その他塗装全般
長崎県知事許可(般)第6772号
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る