本文へ移動

塗り替え時期の目安

塗り替えのタイミングとは?

塗装の寿命はどのくらい?

塗装の寿命はどのくらい?
塗り替えの時期について、おおよその目安としては「築年数が10年以上経っている 」ことです。

一般的に使われている外壁塗装用の塗料はシリコン系が多く、その塗料の耐用年数は約10年前後しかもちません。そのため、塗料の耐用年数に合わせて、築10年前後が塗り替え目安とされているのです。

住む人のことを考えて施工されたお家であればだいたいシリコン系が使われていることが多いのですが、費用を削った際に価格が安いアクリル系やウレタン系などを使用されているお家だと2~5年と耐用年数はもっと落ちます。ご自宅がどういう種類の塗料が使われていたかは施工会社に確認するか、プロに点検してもらったらわかります。経費削減のため、削られる対象となることが多い外壁塗装用塗料ですが、ランニングコストを考えるとあまり安い塗料はおすすめいたしません。

家の外壁や屋根は日々、紫外線や雨風にさらされています。この塗り替え時期を見逃してしまうとさらにお家の劣化が進んでしまいます。10年というサイクルは、家の他の設備・家電にも同様にメンテナンス・買い替えの時期です。それらの時期とともにお家のメンテナンスとして定期的に塗り替えを行いましょう。

劣化のサイン

お家の外壁や屋根でひび割れ、カビなどが発生していませんか?それは劣化=塗り替えのサインです。

一般的に10年といわれる塗り替え時期ですが、その前にそういった劣化のサインをいち早く見つけることでお家の劣化の進行を遅らせることができます。

外壁・屋根で以下の劣化のサインが見られる場合は、ぜひ弊社にご相談ください。

ツヤ引け・色褪せ
ツヤ引け・色褪せ
雨風・紫外線による塗膜の劣化により光沢がなくなり、色褪せや変色が起こっている。
チョーキング現象
チョーキング現象
白い粉状が手につく防水効果が失われているというサイン。防水効果がなくなると、建物内部へ雨水が染み込んでしまう。
苔・さび・藻の発生
苔・さび・藻の発生
塗膜が劣化し防水効果が弱くなると、外壁材に雨水が浸透して藻やコケが発生、金属部分にはさびも発生していく。
ひび割れ
ひび割れ
災害・道路の振動によりひび割れが起こる。0.03mm以上以上の「構造クラック」の場合は放置すると大変危険。

塗装を放っておくとどうなるの?

塗装を放っておくとどうなるの?
築10年経っている建物は少なくても上記のような劣化のサインが見られると思いますが、劣化症状の進行度合いは、外壁や塗料、下地素材により異なります。

このような劣化のサインを放っておくと、外壁や屋根だけでなく、建物自体の家の土台や基礎部分まで影響を与え、雨漏りや腐食、シロアリなどを引き寄せてしまいます。そうなってしまうととても大がかりな補修工事が必要になります。
家の基礎部分が劣化すると、劣化の進行はスピードがあがり、あらゆる災害に太刀打ちできず、崩れる可能性もでてくるのです。

そうならないためにも普段から外壁・屋根の定期的なチェックとメンテナンスを行い、劣化のサインを見逃さないようにする必要があります。

塗料の耐用年数

やまにた塗装で使用されている塗料は4種類です。塗料の性能や価格を考え、お客様に自信をもってご提案できる4種類にしぼっております。
ハイブリッド樹脂塗料、フッ素コーティング、 フッ素樹脂塗料、無機系塗料です。それぞれお客様のお家の状況や環境に合わせてご提案しております。
各塗料の耐用年数はこちらです。
塗料種類
耐用年数(塗り替え目安)
ハイブリッド樹脂塗料
7年~9年
フッ素コーティング
10年~12年
フッ素樹脂塗料
13年~15年
無機質系塗料
15年~17年

耐用年数、価格などを考慮して、やまにた塗装では「フッ素コーティング」をおすすめしております。
また、弊社ではフッ素コーティング・フッ素樹脂塗料・無機質系塗料で施工されたお客様に無料窓ガラスコーティングも施工しております。

塗り替え時期に最適な季節とは?

塗り替え時期に最適な季節とは?
季節や天気の状況により、下地の乾きが遅かったりすると工期に変動がありますが、基本どの季節でも対応可能です。

おすすめとしては空気が乾燥している、春(3~5月) ・秋(9~11月) をおすすめいたします。空気が乾燥していると塗料の乾燥が早く、工期も短く済みます。

やまにた塗装は雨の降る日はもちろん、気温が低い時(5℃以下)、湿度が高い時(湿度80%以上)の場合は、塗料本来の性能が発揮出来ないため、塗装工事(作業)はいたしません。きちんと下地が乾ききってから塗装しなければ、塗装不良の原因となるからです。

やまにた塗装は安心施工でお客様の外壁・屋根を守ります

やまにた塗装は安心施工でお客様の外壁・屋根を大切に施工いたします
塗装のタイミングや塗装時期を見逃してしまうと、お家の劣化のスピードを早めてしまいます。外壁と屋根は定期的なチェックとメンテナンスを行うことが重要です。

やまにた塗装はアフターフォローも万全。塗装施工後10年、20年、30年と長いお付き合いをさせていただき、お客様と二人三脚で大切なマイホームを守っていきます。
また、やまにた塗装では外壁・屋根の無料診断も行っております。この機会にぜひ、ご利用ください。
やまにた塗装
〒854-1104
長崎県諫早市飯盛町上原168
TEL.0957-48-1647
携帯:090-5380-4796
FAX.0957-48-1971
[営業時間]8:00~17:00
[定休日]日曜

一般建築塗装
瓦・各種塗装・その他塗装全般
長崎県知事許可(般)第6772号
2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る