外壁・屋根塗装工事のよくあるトラブルと予防策

塗装の際にトラブルが発生するのはなるべく避けたいですよね。

トラブルを発生させないためには、起こりやすい事例やトラブルを未然に防ぐ方法を知っておくことが大切です。

そこで今回は、外壁塗装でよくあるトラブルと、事前にできるトラブル予防策をご紹介します。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装でよくあるトラブルとは?

外壁塗装でよくあるトラブルを4つご紹介します。

1つ目は、契約内容に関する認識の食い違いです。

契約後に食い違いに気づくとトラブルに発展する可能性があります。
塗料の種類や色、工期、費用などは細かく確認しておくことで対策できます。
また、最低限の知識を身につけておくことで、適切な判断を下せます。

2つ目は、仕上がりがイメージと違うことです。

色見本で使う色を決めたはずなのに、仕上がりがイメージと違っていたというのは意外と多いです。
これは面積効果が1つの原因と言われています。
面積効果とは、色の面積が大きくなるにしたがって、色の彩度や明度が高くなって見える現象のことを言います。

3Dでのカラーシミュレーションや壁の一部に塗料を塗るなどしてから塗料の色を確認してみてくださいね。

3つ目は、近隣住民からのクレームです。

特に出やすいクレームとしては、下記のようなものが挙げられます。

・塗料の臭い
・飛散による汚れ
・足場のはみ出し
・工事の騒音

これらのトラブルに対し、臭いの影響が少ない塗料を使用したり、ローラーなどの飛び散りにくい方法で塗装したりすることでクレームを避けられる可能性があります。

最も効果的なのは、事前に近隣へ工事内容を伝えておくことです。
事前に知っているかどうかで近隣の方の受け止め方も変わってきます。

4つ目は、手抜き工事です。

手抜き工事は、業者が利益を少しでも多く確保しようという魂胆で行われます。

依頼者に断りなく工期を短くする、使う材料を少なくするなどの行為がみられた場合は、
手抜き工事の可能性があります。

スケジュールと工程の確認をしっかり行うことが大切です。

外壁・屋根塗装でトラブルを発生させないためには?

事前にできるトラブル予防策を2つご紹介します。

1つ目は、見積もり書をしっかり確認することです。

見積もり書であいまいな部分や疑問点があれば、遠慮なく質問してきましょう。
あいまいな部分や疑問点を解消することが、食い違いや手抜き工事の対策につながります。

2つ目は、契約書の控えをもらうことです。

塗装業者との契約に関する書面は、全て控えを受け取って保管しておきましょう。
契約書の備考欄などの細かい部分も書面に残しておくことで、トラブルを防止できます。

まとめ

本記事では、外壁塗装でよくあるトラブルと、事前にできるトラブル予防策をご紹介しました。
本稿を参考にしていただければ幸いです。
外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

やまにた塗装へのお問い合わせ、お見積りはこちら

屋根塗装・外壁塗装のことなら
やまにた塗装にお任せください!

●対応エリア

<長崎県> 諫早市 / 長崎市 / 雲仙市 / 大村市 / 南島原市 /  西海市 / 西彼杵郡時津町 / 西彼杵郡長与町 /
東彼杵郡川棚町 / 東彼杵郡東彼杵町 / 東彼杵郡波佐見町 / 

外壁・屋根塗装コースおすすめ記事

選ばれる理由
やまにた塗装がお客様に選ばれている理由
補助金・助成金
塗装工事に利用できる補助金・助成金について
火災保険の利用
火災保険で外壁塗装が安く施工できます
塗り替えの目安
塗り替えの時期のおおよその目安について