外壁塗装の色選びでの失敗事例と失敗しないためのコツをご紹介!

外壁塗装をしたいけれど、失敗してしまうのではないかと心配な人は多いですよね。

そこで今回は、外壁塗装での色選びの失敗例や、色選びで失敗しないコツをご紹介します。
外壁塗装をご検討中の方、失敗したくない方、必見です。

外壁塗装の色選びにおける失敗事例

外壁の色は、なるべく失敗したくないところですが、数多くある色から選ぶのは難しいですよね。
実際に、どんな失敗例があるのかご紹介します。

仕上がりの色が希望していたものと違う

外壁塗装の色は、日の当たり方や外壁の状態によって、見え方が変わります。
また、小さなサンプルで確認していたものを、大きな面で見るとイメージと違う場合もあります。
これらを防ぐために、選ぶ際にできるだけ大きな面で色味を確認しましょう。

外壁の色にツヤが出過ぎてしまった

ツヤありの外壁塗料を選ぶと、ツヤが出過ぎてしまう場合があります。
ツヤあり塗料は、ツヤのレベルを選べるため、事前にどのくらいツヤを出したいのかをしっかり相談しましょう。

建物の汚れが目立つ色になってしまった

カラー選びの段階では気づいていなくても、実際に完成してみると、汚れが目立つ場合があります。
色味を事前に考慮したり、耐汚性の高い塗料を選択したりして、いろいろな視点から塗料を選ぶことが大切です。

配色にまとまりがなかった

実際に外壁塗装を終えると、全体の配色にまとまりがなく、全体のイメージが悪くなる場合があります。
これを防ぐために、元々の家のデザインや色味と、新しい色味の相性を確認しながら検討しましょう。

近隣住宅との相性が合わない

外壁を派手な色や、明るすぎる色にすると、周りの家と馴染まないことがあります。
近隣住宅の色味を事前に確認し、色の相性を判断しましょう。

塗装後数年で色褪せが起きてしまった

明るい色や原色の場合、特に色褪せが目立ってしまいます。
そのため、ベージュやクリーム色などの落ち着いた色を選ぶと、色褪せても目立ちにくくおすすめです。

色選びで失敗しないためのコツ

では、実際に色を選ぶ際に、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。
ここからは、失敗しないためのコツをご紹介します。

試験塗りで事前に確認する

サンプルで見るよりも、実際に試し塗りで確認することで、より明確に判断できます。
外壁に試し塗りをする場合は、日当たりや時間帯を変えて何度か見ると、色味の違いを確認でき、より実際のイメージをしやすいです。

カラーシミュレーションで確認する

外壁のイメージを画面で確認できるシステムです。
この方法は、手軽に家の外観全体の完成後をシミュレーションできます。
外壁以外の部分との組み合わせを確認する際におすすめです。

過去の塗装事例を見せてもらう

過去の施工事例を見たり、外観を見学できる現場に出向いたりすることで、より具体的に外壁塗装をイメージできます。
塗料の色や家の形が自分の家にあった事例を見て、質感や色味を検討していきましょう。

まとめ

今回は、外壁塗装での色選びの失敗例や、色選びで失敗しないコツをご紹介しました。
外壁塗装での失敗を避けるためには、事前にリサーチをすることが大切です。
色味を決める際は、環境を変えて見てみたり、大きさを変えたりと、さまざまな視点から検討するようにしましょう。

やまにた塗装へのお問い合わせ、お見積りはこちら

屋根塗装・外壁塗装のことなら
やまにた塗装にお任せください!

●対応エリア

<長崎県> 諫早市 / 長崎市 / 雲仙市 / 大村市 / 南島原市 /  西海市 / 西彼杵郡時津町 / 西彼杵郡長与町 /
東彼杵郡川棚町 / 東彼杵郡東彼杵町 / 東彼杵郡波佐見町 / 

外壁・屋根塗装コースおすすめ記事

選ばれる理由
やまにた塗装がお客様に選ばれている理由
補助金・助成金
塗装工事に利用できる補助金・助成金について
火災保険の利用
火災保険で外壁塗装が安く施工できます
塗り替えの目安
塗り替えの時期のおおよその目安について