外壁の色選び!汚れが目立たない色とその工夫について

家の外壁の美観を長く保つためにはどうすればよいのでしょうか。

特に、美観は長く保ちたいけれども頻繁なメンテナンスを避けたいと考える家主にとって、外壁の色や素材の選び方は非常に重要です。

この記事では、外壁の色の選び方から、汚れにくい外壁の種類や塗料について解説します。

外壁の汚れが目立たない色の選び方

グレー:都会的な美観と汚れに強い特性

グレーは、都会的でスタイリッシュな印象を与えるだけでなく、煤煙や黄砂の汚れが目立ちにくい色として知られています。
特に薄いグレーは、補修跡も目立ちにくいためおすすめです。
しかし、ダークグレーはコーキングの補修跡が目立ちやすいので注意してください。

アイボリー:高級感と汚れの目立たなさを兼ね備えた色

アイボリーは、その名の通り象牙(ぞうげ)色で、気品と落ち着きを感じさせます。
この色は、汚れが目立ちにくく、特に和風住宅や和モダン住宅にも合います。
アイボリーは白に近い色であり、ベージュは黄色に近い色であることは、選ぶ際のポイントとして覚えておきましょう。

ベージュ:リラックス感と汚れに対する耐性

ベージュは、リラックスと安心感を与える色であり、汚れも目立ちにくいとされています。
特に、ベージュは他の色、例えばブラックやグリーンとも相性が良いので、ツートンカラーの選択肢としても優れています。
ベージュもグレー、アイボリー同様に煤煙や黄砂の汚れが目立ちにくいとされています。

外壁を汚れにくくするための工夫とは?

  1. 汚れに強い外壁の選び方

    外壁には様々な種類の外壁がありますが、汚れがつきにくいとされるのは「サイディング」です。
    その理由は、サイディングの表面が平らで凹凸が少ないため、汚れがつきにくいからです。
    サイディングはデザインも豊富で、コストパフォーマンスにも優れています。
  2. 汚れに強い塗料の選び方

    塗料には「艶あり」と「艶なし」の種類がありますが、汚れがつきにくい塗料としては「艶あり」がおすすめです。
    その理由は、滑らかな表面に汚れが付着しにくいからです。
    特に、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料は、汚れを付着させにくい親水性効果があります。
  3. 定期的なメンテナンス

    どんなに優れた外壁や塗料を選んでも、時間が経つと汚れは避けられません。
    そのため、半年〜1年に一度は外壁の汚れを洗い流すメンテナンスが必要です。
    全体的にくすみが気になる場合は、専門の業者に依頼することも視野に入れてみましょう。

まとめ

外壁の色や素材の選び方は、家の美観を長期間保つために非常に重要です。
特に、グレー、アイボリー、ベージュは汚れが比較的目立ちにくい色とされています。
また、サイディングや「艶あり」の塗料は、汚れにくい外壁に仕上げるための選択肢となります。
定期的なメンテナンスも忘れずに、美しい外壁を長く保ちましょう。

やまにた塗装へのお問い合わせ、お見積りはこちら

屋根塗装・外壁塗装のことなら
やまにた塗装にお任せください!

●対応エリア

<長崎県> 諫早市 / 長崎市 / 雲仙市 / 大村市 / 南島原市 /  西海市 / 西彼杵郡時津町 / 西彼杵郡長与町 /
東彼杵郡川棚町 / 東彼杵郡東彼杵町 / 東彼杵郡波佐見町 / 

外壁・屋根塗装コースおすすめ記事

選ばれる理由
やまにた塗装がお客様に選ばれている理由
補助金・助成金
塗装工事に利用できる補助金・助成金について
火災保険の利用
火災保険で外壁塗装が安く施工できます
塗り替えの目安
塗り替えの時期のおおよその目安について