黒い外壁のデメリットとその対処法についてご紹介!

黒い外壁の家は、その洗練されたデザインと風格で多くの人々を魅了しています。

しかし、美しさの裏には、知らないと後悔する可能性のあるデメリットも潜んでいます。

この記事では、黒い外壁の家を持つために知っておくべきデメリットとその対処法を、深く掘り下げてご紹介します。

黒い外壁のデメリットとその原因

熱を吸収しやすい

黒い外壁は日光を吸収しやすく、特に夏場には触れるだけで火傷を負うほどの熱を帯びることがあります。
この熱は、家の内部温度にも影響を与えることがあります。

しかし、断熱材の選定や通気層の設計によって、この問題は大幅に軽減されます。
断熱効果の高い材料を選ぶことで、外壁の熱が室内に影響を与えるリスクを低減できます。

紫外線によるダメージ

黒い外壁は紫外線を吸収しやすく、その結果、塗装がはがれてしまう事態や色あせることに繋がります。
特に白い外壁と比べて、色あせが目立ちやすいのです。
紫外線からのダメージを最小限に抑えるためには、塗料の選定が重要です。
フッ素や無機素材を含む耐久性の高い塗料を選ぶことで、長期間美しい状態を保つことが可能です。

景観との調和

黒い外壁の家は、特に白い家が多い近隣では目立ちやすく、景観を乱すと感じる人もいるかもしれません。
このような場合、近隣とのトラブルが発生するリスクもあります。
特に景観地区のような、外観に厳しい規制があるエリアで建てる場合は、事前の確認が必須です。
近隣との調和を考え、適切なデザインや配色を選ぶことが求められます。

黒い外壁の家を持つための注意点

  1. 景観法の確認

    黒い外壁を選ぶ際には、まず景観法に適合しているか確認しなければなりません。
    特に歴史的な地域や観光地では、外壁の色に制限がある場合が多いです。
    事前に地域の条例を確認し、必要な届け出を行うことで、後のトラブルを避けられます。
  2. メンテナンスの計画

    黒い外壁は、特に色あせや汚れが目立ちやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。
    清掃や塗り直しの周期を事前に計画し、それに見合った費用と時間を確保することが重要です。
  3. 断熱材の選定

    黒い外壁の家では、特に夏場の熱を考慮する必要があります。
    高性能な断熱材を選ぶことで、室内の温度を快適に保てます。
  4. 近隣とのコミュニケーション

    黒い外壁の家を建てる前に、近隣とのコミュニケーションをしっかりと取ることが重要です。
    特に風水を気にする人がいる場合、事前に話をしておくことで、後々のトラブルを避けられます。

まとめ

黒い外壁の家は美しさと風格を兼ね備えていますが、その裏には知っておくべきデメリットも存在します。
熱の吸収、紫外線ダメージ、景観との調和など、多角的に考慮することで、後悔のない家づくりが可能です。
この記事で紹介したポイントを押さえ、理想の家を築いてください。

やまにた塗装へのお問い合わせ、お見積りはこちら

屋根塗装・外壁塗装のことなら
やまにた塗装にお任せください!

●対応エリア

<長崎県> 諫早市 / 長崎市 / 雲仙市 / 大村市 / 南島原市 /  西海市 / 西彼杵郡時津町 / 西彼杵郡長与町 /
東彼杵郡川棚町 / 東彼杵郡東彼杵町 / 東彼杵郡波佐見町 / 

外壁・屋根塗装コースおすすめ記事

選ばれる理由
やまにた塗装がお客様に選ばれている理由
補助金・助成金
塗装工事に利用できる補助金・助成金について
火災保険の利用
火災保険で外壁塗装が安く施工できます
塗り替えの目安
塗り替えの時期のおおよその目安について