外壁塗装をしないとどうなる?リスクと長持ちさせる方法を徹底解説

家は私たちの心の拠り所であり、その外壁は家の顔ともいえます。

しかし、この外壁が劣化すると、家全体の美観だけでなく、機能性も損なわれる危険が潜んでいます。

今回の記事では、外壁塗装の重要性とその維持術について、家主の方が知っておくべきポイントを解説します。

外壁塗装について真剣に考え、そのリスクと対策を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

外壁塗装をしないとどうなる?

美観の劣化

外壁塗装を怠ると、家の美観が損なわれる可能性が高まります。
新築時の輝きは次第に色褪せ、塗装が剥がれ、ひび割れが生じることがあります。
このような状態になると、近隣からの評価も下がり、住む人自身の気持ちも沈んでしまうでしょう。

雨漏りの危険

外壁塗装を怠ると、雨漏りが発生するリスクが生じます。
塗装が劣化すると、雨水が家の内部に浸透しやすくなり、その結果、家の柱や土台が腐り始めます。
さらに、これが進行すると家全体の耐震性も低下し、最悪の場合、命にも影響を及ぼす可能性があります。

シロアリの発生

雨漏りが発生すると、次にシロアリの危険が迫ります。
シロアリは水分を好む生物であり、雨漏りが発生するとその生息条件が整ってしまいます。
シロアリによる被害は、家の耐震性をさらに低下させ、大規模なリフォームが必要になる場合もあります。

外壁塗装を長持ちさせるためのコツをご紹介!

  1. 家の周囲を整える

    外壁の寿命を延ばすためには、まず家の周囲を整えることが肝心です。
    植木やゴミなどが外壁に触れると、湿気が溜まりやすくなります。
    したがって、家の周囲は常にきれいに保ち、風通しを良くすることが大切です。
  2. 賢い塗料選び

    次に、塗料選びも非常に重要です。
    耐用年数の長い塗料を選ぶことで、外壁の寿命を延ばすことが可能です。
    初期費用は高くなるかもしれませんが、長期的に考えればその価値は十分にあります。
  3. 外壁材の変更

    最後に、外壁材自体を変更する方法もあります。
    例えば、木質系サイディングから金属系サイディングに変更することで、塗装の頻度を減らすことが可能です。
    初期費用は高くなりますが、長期的なメンテナンスコストを考慮すると、この方法も一考の価値があります。


まとめ

外壁塗装は、美観を保つだけでなく、家全体の機能性や安全性にも直結しています。
美観の劣化、雨漏りの危険、そしてシロアリの発生は、外壁塗装を怠ると起こり得るリスクです。
これらのリスクを避け、外壁を長持ちさせるためには、家の周囲の整備、賢い塗料選び、そして外壁材の変更が有効です。
この記事が、外壁塗装の重要性とその維持術について、新たな視点を提供できたなら幸いです。

やまにた塗装へのお問い合わせ、お見積りはこちら

屋根塗装・外壁塗装のことなら
やまにた塗装にお任せください!

●対応エリア

<長崎県> 諫早市 / 長崎市 / 雲仙市 / 大村市 / 南島原市 /  西海市 / 西彼杵郡時津町 / 西彼杵郡長与町 /
東彼杵郡川棚町 / 東彼杵郡東彼杵町 / 東彼杵郡波佐見町 / 

外壁・屋根塗装コースおすすめ記事

選ばれる理由
やまにた塗装がお客様に選ばれている理由
補助金・助成金
塗装工事に利用できる補助金・助成金について
火災保険の利用
火災保険で外壁塗装が安く施工できます
塗り替えの目安
塗り替えの時期のおおよその目安について